不動産を買うということは。

卒業前に草を食べさせれば > 生活 > 不動産を買うということは。

不動産を買うということは。

2015年2月 9日(月曜日) テーマ:

不動産を買う場合、ほとんどの場合、住宅ローンを利用することになると思う。

 

住宅ローンとは、誰でも住宅資金を借りられる訳ではなく、審査に通らなければならない。

 

まず、ポイントは、過去にクレジットカードなどの事故が無いかだ。

クレジットの事故とは、カードを利用して、口座の残高不足などの理由で引落出来なかったりすることだ。

このデータを銀行は、照会する事ができる。

※勿論、ご本人の許可を得て、照会するのですが。

過去に焦げ付かせたことのある場合は、ほぼ住宅ローンは難しいだろう。

次にいくら借りられるかだ。

概ね年収の30%の返済額を超える金額は、借りられない。

例えば年収400万円の場合は、年間の返済額が120万円で30%。

で、30年ローンだとすると3600万円と言うことになる。

ただし、ここで気を付けないといけないのが、3600万円は、利息分も含めてと言うことなので、これを逆算する時には、適用金利(審査金利という)が分からないと算出出来ない。

一般的な審査金利は、4%と設定しているので金利分を引いた金額は、2258万円となる。

このローン金額は、ネットで「住宅ローンシミュレーション」と検索すれば、すぐにできる。

 

もう一つ注意が必要なのが、借りられる金額と返せる金額は、異なるということ。

大まかで良いから将来の計画を立てて無理なく返済できる金額を設定した方が良い。

ザックリだが、不動産を買うと言うことを住宅ローンの借入時に注意する点としてまとめてみた。

 

相鉄線で新築一戸建てを探すならここがオススメだ。

 



関連記事

フラッシュモブでプロポーズできるのか?

フラッシュモブでプロポーズできるのか?

2015年2月18日(水曜日)

より面白いフラッシュモブ

より面白いフラッシュモブ

2015年2月17日(火曜日)

外壁塗装時の職人のトイレは?

外壁塗装時の職人のトイレは?

2015年2月12日(木曜日)

不動産を買うということは。

不動産を買うということは。

2015年2月 9日(月曜日)

知る事が出来るフラッシュモブの情報

知る事が出来るフラッシュモブの情報

2015年2月 6日(金曜日)